ロッテ・二木 粘投7回4失点も黒星 4回被弾を悔やむ「初回の1点だけで粘れていれば」

[ 2020年8月15日 20:55 ]

パ・リーグ   ロッテ0―9日本ハム ( 2020年8月15日    ZOZOマリン )

<ロ・日>ロッテ先発の二木(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 ロッテ・二木は7回4失点と粘ったが、今季2敗目を喫した。1点ビハインドの4回無死一塁から中田に浴びた一発を悔いた。

 「初回の1点だけで粘れていれば、また違ったのかなと思います。中田さんのフォークが浮いたところを打たれたので、そこが今日の一番反省するところです」

 2軍での調整を経て1軍昇格した8日のオリックス戦では7回2失点と好投し、今季初白星を飾っていた。チームは3連勝を狙っていただけに、「いい流れできていたのに申し訳ないです」と悔しそうだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月15日のニュース