オリックス 止まらない7連敗で今季最多借金14 自力V消滅まであと2

[ 2020年8月15日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス1-4ソフトバンク ( 2020年8月14日    ペイペイドーム )

<ソ・オ10>8回2死一、二塁、柳田に勝ち越し3ランを打たれ肩を落とす山崎福(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 オリックスは2試合連続の逆転負けで、今季ワーストタイの7連敗に沈んだ。西村監督は「(山崎福は)良く頑張った。8回のところだけですよね」とした上で、「その(先制点の)あと、というところですね…」と深刻な得点力不足にあえぐ打線の不振を嘆いた。

 山崎福の粘りが報われない。1―1の膠着(こうちゃく)状態で迎えた8回2死一、二塁。柳田と対峙(たいじ)した最終局面で1球に泣いた。カウント2―2からの5球目、勝負球に選んだのは内角直球。厳しいコースを突いたが柳田には甘かったのか。右翼席へ放り込まれ、崩れ落ちた。相手を上回る7安打を放ちながら初回の1点しか援護を受けられず、先にしびれを切らした格好だ。

 借金は今季ワーストを更新し「14」に膨れあがった。このまま連敗ストップできなければ、16日に自力優勝の可能性が消滅する。(湯澤 涼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月15日のニュース