阪神・川原 自己最長の5回を無失点 平田2軍監督「公式戦でも先発させたい」

[ 2020年8月15日 05:30 ]

プロアマ交流戦   阪神1-1天理大 ( 2020年8月14日    鳴尾浜 )

【プロ野球練習試合阪神2軍対天理大】 先発の阪神・川原陸=鳴尾浜
Photo By 代表撮影

 阪神の高卒2年目左腕・川原が天理大とのプロアマ交流戦でプロ初先発。自己最長となる5回を投げ、4安打無失点と好投した。

 140キロ台中盤の直球を軸に組み立てた。2回には3つのアウトを全て空振り三振。力強さが目立った。4回には安打と2四球で2死満塁を招いたが、安岡を二ゴロに封じ得点を許さなかった。登板前には「テンポ良くいけたらいいな思う」と意気込んでいたが、思惑通りの好投だった。

 昨年は腰の故障に悩まされ、公式戦登板なしに終わった。巻き返しを期す今季は故障防止へ体幹や股関節周りを重点的に強化してきた。ウエスタン・リーグでは7月31日オリックス戦の1試合のみ。平田2軍監督からは「今日の投球を見て、公式戦でも先発させたいと思った」と今後の期待を寄せられた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月15日のニュース