倉敷商・梶山監督 勝因は「粘り強さ」、原田主将「最高の1勝。楽しんでできた」

[ 2020年8月15日 20:02 ]

2020年甲子園高校野球交流試合   倉敷商6―1仙台育英 ( 2020年8月15日    甲子園 )

<倉敷商・仙台育英>選手を称える倉敷商・梶山監督(中央)(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスの影響で中止となった今春センバツに出場予定だった32チームによる「2020年甲子園高校野球交流試合」4日目が15日、甲子園球場で行われた。第3試合は倉敷商(岡山)が仙台育英(宮城)を6―1で下した。

 1点を追う4回から毎回小刻みに得点し、7回に3点を加えて突き放して快勝した。梶山監督は「粘り強さが一番」と勝因を挙げた。序盤は毎回走者を許しながらも無得点にしのぎ「(仙台育英)打線がかなり圧力があった。正面に飛んでくれて、ちょっと運も良かったかな」と振り返った。

 4~6回に1点ずつ、7回に3点を挙げた打線には「甲子園という舞台が粘り強さを発揮させてくれたと思う」と晴れ舞台が選手の力をさらに引き出すとともに、「積極的に攻撃するということを貫き通してくれた」と称賛。投げては先発の福家が4回途中まで1失点、2番手の永野が最後まで無失点で投げ切った。「(永野に)代わった当初はミスもあったり不安なところもあったが、その回をしのいでいいピッチングをしてくれた」と好救援に満足げだった。

 勝利で終えた選手には「勝った喜びと3年生ともう野球が出来ないという悲しみという思いがありますが、その時間をかみしめて過ごしたい」と思いを明かした。

 原田主将は「最高の1勝です。笑顔で楽しんでできたことが勝利につながりました」と充実の表情を見せた。自身は中継プレーで好守を見せて貢献し「これが倉商野球なんで全部出たかなと。みんながつないで打ってくれたので本当に頼もしかったです」と全員の勝利を喜んだ。相手の仙台育英については「高めを見極めて真ん中の球を打っていこうと。(5回には死球で出塁)何とか塁に出ようと、打点につながってよかった。(試合には)感謝の気持ちを忘れずにやろうと思った。ありがとうございましたと言いたいです」と、聖地に立てた喜びを表していた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月15日のニュース