広島・森下 新人の「無四球2桁奪三振完封」は球団史上初

[ 2020年8月15日 05:30 ]

セ・リーグ   広島6-0阪神 ( 2020年8月14日    京セラドーム )

<神・広(9)>力投する森下(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 広島・森下暢仁投手(22)が14日の阪神戦で、被安打2、自身最多の12奪三振で初の完封勝利を挙げた。球団新人の完封勝利は、2014年大瀬良以来6年ぶりで、「無四球完封」に限れば1962年池田英俊以来58年ぶり。今季の新人では一番乗りとなる完投勝利、完封勝利での4勝目となった。規定投球回にも達し、防御率2・31は3位に登場した。

 新人の森下(広)が12奪三振の無四死球完封。新人の無四死球完封勝利は17年8月26日西武戦の山岡(オ)以来。チームでは62年池田英俊が4月14日と8月15日にいずれも国鉄戦でマークして以来58年ぶり2人目だ。また、新人が無四死球で2桁奪三振完封は同じく山岡以来2リーグ制後10人目。広島では初の快挙になった。なお、ゲーム2桁奪三振は7月23日の阪神戦(10奪三振)に次ぎ早くも2度目。チームの新人で2度以上の1試合2桁奪三振は、95年山内泰幸の2度以来。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月15日のニュース