磐城 1点届かず惜敗も…主将・岩間 木村前監督ノックに感謝「最高の準備できた」

[ 2020年8月15日 16:07 ]

2020年甲子園高校野球交流試合   磐城3―4国士舘 ( 2020年8月15日    甲子園 )

<国士舘・磐城> 試合前のノッカーをつとめる磐城・木村前監督(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスの影響で中止となった今春センバツに出場予定だった32チームによる「2020年甲子園高校野球交流試合」4日目が15日、甲子園球場で行われた。第2試合は、21世紀枠で選出されていた磐城(福島)が1点を争う試合となった国士舘(東京)との試合で3―4で敗れた。

 2回に2点を先制しながらも、国士舘に逆転を許し、1点差の惜敗。渡辺純監督は「生徒もよく頑張りランナーも出したが、バント1本が出ないなど、詰めの甘さがあった。生徒はよく耐えてくれて、私が思っていたような展開に持ち込めたが、最後は監督の差で負けてしまった」と反省の弁。試合前は、4月から福島商に異動していた木村保前監督が特例措置としてノッカーを担当。「木村先生から生徒たちが精神的な部分でいいものを持ってきてくれ、逆に私が教えられたかなという気持ち」。先発のエース・沖政宗(3年)については「本調子ではなかったが、自分の持っているすべての力を出し尽くし、一所懸命投げてくれた」と話した。

 岩間涼星主将(3年)は「最後、勝ちきれなかったのが悔しいが、最高の舞台でプレーできたことは本当に嬉しい。小さい頃からプレー・ハード(全力疾走・全力プレー)という言葉をもらって、最後までそれを貫いてプレーできたのは本当に良かった」と充実の表情を見せた。

 木村前監督のノックについては「魂のこもった1球1球で最高の準備ができた」と感謝し、「最後まで笑顔でやり抜こう!ということを話しました」。試合を終え「多くの方で支えられてここまで来たので本当に感謝したいという気持ちです」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月15日のニュース