日本ハム 2連敗で勝率5割に戻るも…清宮 150メートルの大飛球で沸かせた

[ 2020年8月15日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム5―12ロッテ ( 2020年8月14日    ZOZOマリン )

<ロ・日>6回無死一塁、清宮が中前打を放つ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムは大敗の中、清宮が特大ファウルで観客をどよめかせた。

 途中出場して6回無死一塁の初打席で右腕・石川の直球を強振すると右翼ポールやや右側の屋根最上部に当てる推定150メートルの大飛球を放った。打ち直しで中前打し、この回一挙4得点を演出。2連敗で勝率5割に戻った栗山監督は「求めているものは全然違うところにある」と話すにとどめたが、若き大砲の台頭が待たれる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月15日のニュース