広島・坂倉 森下の速球生かした好リード 12奪三振のうち7つが直球を決め球

[ 2020年8月15日 05:30 ]

セ・リーグ   広島6‐0阪神 ( 2020年8月14日    京セラドーム )

<神・広(9)> 阪神に完封勝利し、坂倉(右から3人目)からボールを受け取る森下(右から2人目) (撮影・平嶋理子)                                                           
Photo By スポニチ

 広島・坂倉が攻守で森下の4勝目を援護した。12個のうち7つを奪った直球を軸に配球を組み立てた。

 「持ち味を考えたときに真っすぐが一番いいと思った。本人は心配そうだったけど。全然そんな感じはしなかったです」

 打撃でも6回1死から左前打。「とにかく塁に出ることを考えた」と、この回の2点追加につなげて胸を張った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月15日のニュース