プロ初完封の広島・森下 初打点は藤浪KOにつながる適時二塁打「バットに当たってくれと思った」

[ 2020年8月15日 05:30 ]

セ・リーグ   広島6-0阪神 ( 2020年8月14日    京セラドーム )

<神・広(9)> 6回2死一、二塁、適時二塁打を放つ森下 (撮影・平嶋理子)                                                          
Photo By スポニチ

 プロ初完封の広島・森下は、打ってもプロ初打点を挙げる活躍ぶりだった。

 4―0の6回2死二塁で、直前の田中広の申告敬遠を受けて打席に向かった。カウント2―2からの藤浪のカットボールを振り切ると、三塁線を破る2点二塁打となり、「バットに当たってくれと思った。ホッとしています」と照れ笑い。定評のある打力でも本領を見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月15日のニュース