ソフトB・高橋礼 10回から登板で今季初勝利「0点に抑えることができて良かった」

[ 2020年6月20日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク2-1ロッテ ( 2020年6月19日    ペイペイD )

<ソ・ロ>10回6番手で登板した高橋礼(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 延長10回から登板したソフトバンク・高橋礼が今季初勝利をマークした。

 2四球と制球に苦しんで2死一、二塁のピンチを招いたが、最後は荻野を三邪飛。直後にチームがサヨナラ勝ちを飾って白星が転がり込んだ。昨季12勝で新人王を獲得したサブマリンは「0点に抑えることができて良かった。開幕戦でチームが勝ったことが何よりもうれしい」と喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月20日のニュース