ロッテ・レアードが今季1号 左手1本で運んだ、恒例寿司パフォ披露

[ 2020年6月20日 15:20 ]

パ・リーグ   ロッテ―ソフトバンク ( 2020年6月20日    ペイペイD )

<ソ・ロ2>2回無死、左越え本塁打を放ったレアードを寿司ポーズで出迎えるナイン(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 ロッテのレアードが今季1号を放った。0―0の2回、左腕・和田の130キロスライダーを最後は左手一本で運ぶようにして左翼席へ運んだ。

 昨季は32本塁打をマークした。昨年9月8日のソフトバンク戦以来のアーチに「打ったのはスライダー。いい感じで打つことができた。この1本がチームの勝利につながってくれたらいいなと思う」と笑顔。ベースを回りながら恒例の寿司パフォーマンスを見せると、ベンチ前ではナインらも寿司に握りながら出迎えてくれた。「井口監督と鳥越ヘッドに寿司を握る前にはしっかりと手を洗うように言われたよ。スシ、さいGO!(さあ、行こう、最高)」とご機嫌だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月20日のニュース