西武・牧野 右有鉤骨骨折に伴う有鉤骨鉤切除術終了 全治は未定

[ 2020年6月20日 10:20 ]

 西武は20日、牧野翔矢捕手(19)が19日に都内の病院で「右有鉤骨骨折に伴う有鉤骨鉤切除術(みぎゆうこうこつこっせつにともなうゆうこうこつこうせつじょじゅつ)」を受け、無事に終了したと発表した。全治については未定という。

 牧野は19年ドラフト5位で、昨年は1軍出場はなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月20日のニュース