楽天・三木監督 延長制し開幕連勝、単独首位「諦めず集中力をもってやってくれた選手に感謝」

[ 2020年6月20日 19:49 ]

パ・リーグ   楽天2―1オリックス ( 2020年6月20日    京セラD )

<オ・楽>10回2死二塁、銀次の一ゴロを中川がエラーし、二塁走者・小郷が生還、大喜びの楽天ベンチ(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 4時間を超える死闘の末、楽天がオリックスを2―1で下して開幕2連勝を飾り、単独首位となった。

 1―1で迎えた10回2死一、二塁。7番・銀次が相手7番手・沢田から一塁線へゴロを打ち、これを一塁手の中川が後逸。二塁走者の代走・小郷が快足を飛ばして生還し、勝ち越しに成功した。

 三木監督と試合後の一問一答は以下の通り。

 ―延長での勝利で開幕2連勝
 「最後まで諦めず、集中力をもってやってくれた選手にまた感謝ですね」

 ―小深田が代走でプロ初盗塁
 「小深田本人にとっても財産になると思う。結果が出て良かった」

 ―今季は延長10回で打ち切り
 「何がいいのか分からないけど、状況によっては早めに手を打っていくこともある。準備かが遅れないように、思い切って決断していかないといけない」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月20日のニュース