DeNA 救援陣乱れ連日の逆転負け、終盤大量失点 ラミレス監督は淡々

[ 2020年6月20日 18:38 ]

セ・リーグ   DeNA5―10広島 ( 2020年6月20日    横浜 )

<D・広>選手交代を告げベンチへ戻るラミレス監督(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAは終盤の大量失点で、2試合連続の逆転負けを喫した。

 先発の新外国人ピープルズが6回1失点と好投。しかし7回に石田が1失点、8回に三嶋が4失点で逆転を許し、平田は鈴木誠に満塁弾を浴びた。

 今季は外国人枠が5に増えたが、ベンチ入りは4。この日はピープルズが先発することで、開幕戦で1回無失点だったパットンがベンチを外れていた。オースティンは右肘の張りのためこの日も代打の出場のみだったが、ラミレス監督は「だいぶ前から今日はパットンを上がり(ベンチ外)にすると決めていたので、そこに迷いはなかった。オースティンは代打で一番重要なところでいってもらうと決めていた。結果的にリリーフが、という形になったが、それは仕方ない」と淡々と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月20日のニュース