阪神・ボーア あぁ4タコも井上打撃コーチ「紙一重だと思う」

[ 2020年6月20日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2―3巨人 ( 2020年6月19日    東京D )

<巨・神>6回、ボーアは遊飛に倒れる(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 注目を集めた阪神・ボーアの来日初戦は、4打数無安打に終わった。菅野に対し3打席凡退して迎えた9回無死一塁。1点劣勢の局面打開を託されたが、結果は三塁真正面への併殺打となった。

 幸先良いスタートは切れなかったが、井上打撃コーチの見立ては悲観ばかりではなかった。「最後のサードゴロなんかも紙一重だと思う。気長にという表現が正しいかわからないけれど、ボーアはそんなに落ち込む性格ではないので。目の前の結果にこちら側が一喜一憂せずに、しっかり相手投手に対する対策などを話し合っていきたい」。浮沈の鍵を握る4番打者だけに、今後の全面サポートを約束した。

 先発・菅野を攻略できなかった。7回で降板するまで、得点は投手・西勇が挙げた2点のみ。4、5回の得点機でも、打線がつながりを欠いた。「今年これからも菅野とは対戦が何度もあるので、あの投手を打ち崩すための対策をまたしっかり考えていきます」。井上コーチは早々のリベンジを誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月20日のニュース