西武・山川 地味な内野安打で今季発進「監督に“汚いヒットでもいいから打っておけ”と言われ」

[ 2020年6月20日 05:30 ]

パ・リーグ   西武3-0日本ハム ( 2020年6月19日    メットライフD )

<西・日>4回無死満塁、先制の三塁適時内野安打を放った山川(左)はチームメートに出迎えられガッツポーズ(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 3年連続本塁打王を狙う西武の山川は0―0の4回無死満塁の第2打席で有原のフォークを強振も三塁前に転がりボテボテの先制内野安打。1安打に終わったが、今季初安打初打点に「監督に“汚いヒットでもいいから打っておけ”と言われ、本当にそうなるとは。でもホッとした」と照れ笑いを浮かべた。昨季ソフトバンクとの開幕戦は満塁弾も今季は地味な発進。「無観客でも開幕は緊張すると思った」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月20日のニュース