オリ・ジョーンズ 鋭い打球で来日初安打 楽天・松井から左前打「神様に感謝」

[ 2020年6月20日 15:15 ]

パ・リーグ   オリックス―楽天 ( 2020年6月20日    京セラD )

<オ・楽>3回無死一塁、ジョーンズは左前に来日初安打(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 オリックスの超大物新助っ人、アダム・ジョーンズ外野手(34)が、20日の楽天戦(京セラD)に「4番・右翼」で先発出場。来日初安打を放った。

 「打ったのはファストボール。ヒットが出てくれて良かったよ。神様に感謝したいね」

 1―0の3回、無死一塁の場面でこの日2打席目に入ったジョーンズ。相手先発・松井の高め138キロの直球を捉えて痛烈な打球で左前打を記録した。

 19日の開幕戦は3打数無安打。この日も第1打席は空振り三振で、5打席目で初めて日本でHランプを灯した。メジャー通算1939安打、282本塁打を誇る超大物。節目の一打は、日米通算1940本目の安打となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月20日のニュース