ソフトB・中村晃 2軍先発出場でマルチ「楽しくプレーできた」

[ 2020年6月20日 05:30 ]

ウエスタンリーグ   ソフトバンク2-5オリックス ( 2020年6月19日    筑後 )

ウエスタンリーグで3カ月ぶりに実戦復帰したソフトバンクの中村晃
Photo By スポニチ

 両膝痛を抱え2軍調整中のソフトバンク・中村晃が、ウエスタン・リーグの開幕、オリックス戦に「3番・DH」でスタメン出場。3月以来の実戦復帰戦で2安打をマークした。初回1死二塁では四球を選び、3回の第2打席は中前打、6回には先頭で中越え二塁打を放った。

 「試合に出られたのは良かった。楽しくプレーできた。(打撃は)もう少し反応が良くなってくればいいかな」

 体調不良も古傷の左膝痛に加え、5月の練習中に右膝にも痛みが出たといい「バッティングはそこまで影響はないけど、走るときですね。うまく付き合いながらと思っている。フルで出られるのはもう少し先だろ思う」と話した。5月には体調不良も訴えたが「体調は安定している」と話した。

 今後は膝の状態を見ながら守備にも就く予定で、1軍昇格を目指す。今季から選手会長を務める中村晃は「120試合あるので、一つでも多くチームに貢献できるようにしたい」と前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月20日のニュース