6球場で開幕特別セレモニー 各チームから全国のファンに決意表明

[ 2020年6月20日 05:30 ]

<巨・神> 開幕セレモニーであいさつする原監督(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 プロ野球は19日、国内の主要スポーツの先陣を切って開幕し、東京ドームなど6球場で試合前に監督、選手会長ら両軍の代表者が「開幕宣言」を行った。昨季、セ覇者の巨人・原辰徳監督(61)、パ覇者の西武・源田壮亮主将(27)ら12人が無観客開催の中、テレビ画面を通じて全国の野球ファンに決意を述べた。

【東京ドーム】
 巨人・原監督 2020年6月19日プロ野球が開幕いたします。関係各位の皆さま、ファンの皆さま、全ての皆さまに感謝いたします。何より選手たち、こういう状況の中、コンディションを整え、元気に立つ姿、改めて敬意を表し健闘を祈ります。我々はプロとして、胸と胸を突き合わせ、勝利を目指し、正々堂々と戦うことをここに誓います。

 阪神・矢野監督 僕たち阪神タイガースの今季のスローガンは、イッツショータイム。ショーは英語ではなく、漢字で「勝」つという字の中に「笑」うという字を入れています。戦う上でうまくいかないこと、苦しいこと、困難な状況があると思いますが、そういう時こそ前を向き、チャレンジし、困難に挑戦していく姿を皆さまにお見せしていきます。

【横浜スタジアム】
 DeNA・石田 今も最前線でサポートしていただいている医療従事者の皆さまをはじめ、多くの皆さまのおかげで本日、プロ野球を開幕することができます。我々、選手一同、今日の開幕に向けてしっかりと準備してきました。多くのファンの皆さまに、元気や勇気を与えられるように頑張りますので、応援よろしくお願いします。

 広島・田中広 医療従事者の皆さまには、ここにいる監督、コーチ、選手、スタッフ一同、心より感謝申し上げます。皆さまのおかげで、今日、プロ野球の開幕を迎えることができます。我々が全力で戦う姿を披露し、少しでも世の中に明るい話題を届けられるように戦ってまいります。

【神宮球場=掛け合い】
 ヤクルト・高津監督 数カ月前まで私たちはいつも通り、開幕に向けて調整を行って参りました。しかし、新型コロナウイルス感染拡大という前代未聞の事態で、開幕の日も度重なる延期。全体練習もできない日々が続き、プロ野球どころではないのではないかという不安な日々を過ごしてきました。

 中日・与田監督 しかし、プロ野球界として何ができるか。何をすべきかを考え、開幕できる日が必ず来ることを信じ、今日やっとこの日を迎えることができました。まだ、球場で直接プレーをお見せすることはできませんが、選手のプレーを楽しみに待ってくださっている多くのファンの声は選手たちに確実に届いています。今こそ野球の存在価値を示すときだと思っています。

【メットライフドーム】
 西武・源田 たくさんの方々のおかげをもちまして、プロ野球は今日開幕を迎えることができました。本当にありがとうございます。これからのシーズンが、素晴らしいものになるよう、私たちは感謝の気持ちを持って、懸命に走り、懸命に守り、懸命に投げ、そして懸命にバットを振っていきます。皆さまに力を届けられるよう、プロ野球をお見せすることをお約束します。ともに新しい未来をつくっていきましょう。

 日本ハム・マルティネス 2020年6月19日。開幕を迎えたこの日を、きっと一生忘れることはありません。今日という日へと導いてくれた皆さまに、必ず恩返しをします。ゲームセットまで一試合一試合、今シーズン1年間、全身全霊でプレーすることを、ここに誓います。

【ペイペイドーム】
 ソフトバンク・森 いよいよプロ野球が開幕します。まずは大変な状況の中で、この舞台を整えてくれた関係者の皆さまに感謝を伝えたいです。そして、我々の暮らしの命を守ってくださっている全ての方々に、心からお礼を申し上げます。本当にありがとうございます。ファンの皆さまに、プロ野球があって良かったと思ってもらえる熱いプレーをし続けたいです。

 ロッテ・益田 大好きな野球ができることに喜びを感じ、感謝して、全力でプレーします。そしてテレビを通して応援してくださる皆さまに喜んでもらえるように、楽しんでもらえるように、感動してもらえるようなプレーを全力ですることを誓います。そして一日でも早く事態が収束し、スタジアムが野球ファンでいっぱいになる日を願い、今日開幕させてもらいます。

【京セラドーム=掛け合い】
 オリックス・T―岡田 プロ野球の開幕を待ち続けてくださった皆さん、ありがとうございます。今日皆さんの前にプロ野球が帰ってきました。私たちは今、野球ができる喜びを体中で感じています。

 楽天・森原 この開幕を迎えるために、医療従事者の方々をはじめ、たくさんの人々に感謝し、今日を迎えます。本当に、ありがとうございます。

 オリックス・T―岡田 今日からは、私たちが野球で日本中に笑顔と元気を届けます。野球には、その力があると信じています。ベースボール・イズ・ストロング。

 楽天・森原 今シーズン、私たちは野球の強さを皆さんにお見せします。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月20日のニュース