楽天・則本昂 有言実行の開幕戦勝利「初陣だったので、チーム全体で勝てて良かった」

[ 2020年6月20日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天9-1オリックス ( 2020年6月19日    京セラD )

<オ・楽>勝利投手となった則本昂(右)からウイニングボールを手渡される三木監督(中央)(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 有言実行の快投だった。2年ぶり6度目となる開幕投手を務めた楽天のエース則本昂が、7回1安打1失点で勝利投手。見事に大役を全うした。許した安打は3回の犠打処理の連係ミスによる内野安打のみ。相手打線に付け入る隙を与えなかった。

 この日は、練習試合で試していたセットポジションの新フォームで投球し「バランスが良かった」。最速151キロの直球に新球・ナックルカーブを交えながら緩急も駆使した。試合前、三木監督に「ウイニングボールを渡します」と宣言しており「初陣だったので、チーム全体で勝てて良かった」と笑みをこぼした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月20日のニュース