日本ハム・野村 「1歩」のミスで併殺奪えず 栗山監督「野球の神様がいい選手だからメッセージを送った」

[ 2020年6月20日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム0-3西武 ( 2020年6月19日    メットライフD )

<西・日>4回1死満塁、栗山の三ゴロで一走・外崎を二塁封殺する三塁手・野村(右)(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 【追球ズーム ここにFOCUS】取れる3アウトだったかもしれない。4回1死満塁。2点を失った直後、日本ハム・有原は狙い通りの内野ゴロ(三ゴロ)を打たせたが、併殺を取れずに3点目を失った。

 やや三遊間寄りのゴロ。高いバウンドで一歩下がって捕球した三塁手・野村は二塁送球までわずかに時間がかかった。打者は左の栗山。正面の強いゴロではない。併殺には前に出るか、より素早く正確な送球が求められる。わずかな遅れで栗山は一塁セーフ。ポジショニングも併殺を取るには少し深かった。栗山監督は「難しい判断の打球が飛んだけど、全てが彼の財産になる」と振り返った。

 高卒2年目で開幕初スタメンの野村。花咲徳栄時代は投手中心だっただけに、送球の強さに光るものがある一方、内野手としての打球判断や送球面ではまだまだ学ぶところが多い。「ミス」と言ったら、19歳の若武者には酷だろう。「野球の神様がいい選手だからメッセージを送った感じがした」。栗山監督の言葉通り、プロ初の開幕戦で貴重な経験になったのは確かだ。 (秋村 誠人)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月20日のニュース