阪神・マルテ 意地の猛打賞!外国人枠絶対譲らない!守備でも魅せた

[ 2020年6月20日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2―3巨人 ( 2020年6月19日    東京D )

<巨・神>9回、この試合3本目となる安打を放つマルテ(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 打線で気を吐いたのは阪神・マルテだった。サンズとの外国人枠争い、大山とのポジション争いの両方を制し「3番・三塁」でフル出場。第2打席からの3打席連続安打でチーム初猛打賞をマークした。

 「開幕戦という特別な舞台に立てたことが光栄だし、個人的には3本ヒットが出て嬉しく思うよ。ただ、チームが負けてしまったので、それはすごく悔しいし、チームが勝っていればもっと嬉しかったね」

 まずは4回1死。菅野の2球目直球を中前にしっかりと打ち返した。6回先頭では菅野を強襲する内野安打で2本目。2―3と逆転された後の9回にも先頭打者として打席に立ち、守護神・デラロサから痛烈な左前打で最後のチャンスをつくった。ただ、いずれの打席もボーアがブレーキとなり得点につながらず。試合後は悔しさを隠せなかった。

 来日2年目ながら開幕戦は初出場だった。新主砲として期待された昨年は3月中旬に発症した右ふくらはぎの張りで出遅れ。初出場は4月29日の中日戦で打順も6番だった。練習でもボーアほど柵越えを連発するタイプではなく、助っ人とすれば目立つ方ではない。ただ、春季キャンプでは外国人選手として異例の早出特守を連日こなすなど、練習姿勢や明るい性格には矢野監督の信頼も厚い。

 昨季は1試合もなかった三塁の守備でも、6回には岡本の火を噴くようなライナーを好捕。攻守で元気さをアピールし「今日は今日、明日は明日で気持ちを切り替えて頑張るよ」と前を向いた。(山添 晴治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月20日のニュース