DeNA・伊藤光 今季初安打が先制適時打「何とか還そうと思った」、好リードも光る

[ 2020年6月20日 15:38 ]

セ・リーグ   DeNA―広島 ( 2020年6月20日    横浜 )

<D・広>4回2死一、二塁、右前適時打を放つ伊藤光(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNA・伊藤光捕手の今季初安打が先制点を生んだ。

 4回。佐野が一塁内野安打、宮崎が遊撃内野安打を放ってつくった2死一、二塁の好機で、打席には伊藤光。床田の直球にバットを合わせると、打球は右前で弾んだ。今季5打席目で初めてともした「H」ランプが先制適時打となり「ピープルズが頑張っていましたし、恵太(佐野)、宮崎さんがつないで作ってくれたチャンスだったので、何とかランナーを還そうと思い切っていきました」と安どした。

 守っては来日初先発のピープルズを5回まで無失点と好リードを続けた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月20日のニュース