ロッテ・和田 プロ初出場で甲斐から初盗塁 井口監督「どんどん使っていきたい」

[ 2020年6月20日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ1-2ソフトバンク ( 2020年6月19日    ペイペイD )

<ソ・ロ>9回2死一塁、打者・マーティンの時に一走・和田は二盗成功(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 延長10回の末にサヨナラ負けを喫したが、ロッテに大きな収穫もあった。1日に育成から支配下登録された3年目・和田がプロ初出場で初盗塁を決めた。

 1点差の9回。先頭・角中が内野安打で出塁すると代走で起用され、2死となって打者マーティンの5球目にスタートを切った。「大事な場面でめちゃくちゃ緊張しました。捕手も甲斐さんだったので、とてもうれしかった」。50メートル5秒8の快足で、「甲斐キャノン」の異名を誇る3年連続ゴールデングラブ賞の強肩捕手の送球をかいくぐり、その後、中村奨の中前打で同点ホームを踏んだ。

 2日以降の練習試合では12球団トップの7盗塁を記録。120試合で120盗塁を目標に掲げる井口監督は「彼の盗塁で1点が入った。どんどん使っていきたい」と大きな戦力になると再確認していた。(横市 勇)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月20日のニュース