エンゼルス・プホルス 故郷・ドミニカのアカデミー球団職員へ1900万円支援

[ 2020年6月20日 02:30 ]

 現役最多656本塁打を誇る40歳の主砲プホルスが故郷・ドミニカ共和国に拠点を置くエンゼルスアカデミーの球団職員に18万ドル(約1900万円)の支援を行うとロサンゼルス・タイムズ紙が伝えた。エ軍は6月から一部の球団職員を一時帰休させ、同アカデミーの職員の90%近くが一時的に賃金を失っていたが、今回の支援で5カ月分の給与を賄えるという。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月20日のニュース