巨人 野手最年長コンビ亀井&中島で1点もぎ取る

[ 2020年6月20日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人3―2阪神 ( 2020年6月19日    東京D )

<巨・神>4回、西(左)から二塁打を放つ亀井(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人の野手最年長コンビで1点をもぎ取った。0―1の4回2死一塁。亀井が西勇から右翼線二塁打を放って好機を広げると、続く中島が内角シュートに詰まりながらも振り切り、全力疾走。遊撃内野安打で同点に追いついた。

 「もっといい当たりの気持ちで打ったんだけど、Hがついたので良かった」。6回にも左前に運び、マルチ安打。練習試合の打率.310だった好調を維持し、「またここからスタートしていきます」と意気込んだ。

 1、5番を重要視する原監督は「相手チームが嫌がるバッター」で右投手ということから、亀井を5番に配置した。狙いが的中し「老いていても元気」と笑った。左腕・岩貞が先発のきょう20日は「左投手ですから5番中島で。老いても元気」と重ねた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月20日のニュース