斉藤コミッショナー プロ野球開幕に「国民を元気づけ、社会に明るさ取り戻す一助に」

[ 2020年6月20日 05:30 ]

斉藤コミッショナー
Photo By スポニチ

 プロ野球の斉藤惇コミッショナー(80)は「コロナ禍で疲弊した国民を元気づけ、社会に明るさを取り戻す一助となれれば、これ以上の喜びはありません」などとする談話を発表した。当初予定の3月20日から3カ月遅れの開幕。「開催へご努力いただいた関係者、支えてくださるファンの皆さまに心より御礼申し上げます。そして医療従事者、保健所、エッセンシャルワーカーの皆さまに深く感謝いたします」と感謝の思いを述べた。感染対策は今後も欠かせず、「無事シーズンを戦い抜き、得た経験を次のステージへつなげることが、我々の使命」と決意を表した。

 ▼Jリーグ・村井満チェアマン 野球界の皆さまとは新型コロナウイルス感染症に対する対策会議を延べ9回にわたり、繰り返してきました。サッカー界単独ではブレークスルーできない多くの難題をともに克服して本日に至っています。今日は素晴らしい、待ちわびた選手たちがプレーをされることを心から願っています。誠におめでとうございました。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月20日のニュース