ソフトB内川、快勝呼ぶ先制適時打「今日は1打席目で」

[ 2018年7月18日 08:07 ]

パ・リーグ   ソフトバンク6―1西武 ( 2018年7月17日    ヤフオクD )

3回2死、遊撃内野安打を放つ内川(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 前夜は“乗り遅れ”そうになったソフトバンク・内川が第1打席からエンジンをかけた。初回2死一、三塁から十亀の低め147キロ直球を捉え、左中間を破る先制の適時二塁打。

 先発全員安打の21安打16得点で大勝した前夜は先発で最後に安打(本塁打)を記録していただけに、「今日は1打席目で打ててチームも先制できて良かった」と振り返っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月18日のニュース