PR:

日本新薬、終盤に突き放され無念 元近鉄・吹石監督「ミスをしたら負ける」

第89回都市対抗野球大会第6日・1回戦   新日鉄住金鹿島(鹿嶋市)9―2日本新薬(京都市) ( 2018年7月18日    東京ドーム )

 日本新薬は終盤に突き放され、元近鉄の吹石徳一監督は指揮官として2度目の都市対抗も昨年に続く初戦敗退。「負けるべくして負けた。7回にミスが出てしまった。全国で勝つためにはもう少しレベルを上げないと」と嘆いた。

 0―2の3回に吉野がセーフティースクイズを決めると、5回には9番・板倉の左越えソロで同点に追いついた。しかし7回に好投を続けていた先発の西川が先頭の岡崎に左前打されると、続く林の打球を二塁手・吉野が失策。ピンチを広げ、代わった榎田が堀越に勝ち越しの2点適時二塁打を許した。その後も流れを止められず、この回一挙5点を失った。

 直後の7回に安打と死球で無死一、二塁の好機をつくりながら、黒川がバント失敗。結局この回も得点を奪えなかった。攻守で出たミスが大きく響き、指揮官は「ミスをしたら負けるということです」と口元を結んだ。

[ 2018年7月18日 14:20 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:08月16日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム