中日、早くも自力V消滅 11安打も拙攻10残塁で最下位転落

[ 2018年7月18日 05:30 ]

セ・リーグ   中日1―5広島 ( 2018年7月17日    ナゴヤD )

交代を告げ、ベンチに戻る森監督(右)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日は60試合を残し、早くも自力優勝の可能性が消滅した。11安打を放ちながら10残塁の拙攻で1得点。後半戦は連敗スタートで最下位転落となった。

 7回2死満塁で見逃し三振に倒れた大島は「どこかで流れを変えないといけない」と反省。前日と同じスコアで敗れ、決定打に欠く打線と終盤に失点を重ねる救援陣は前夜と同じ展開だった。森監督は「この2試合、同じような展開で同じことをしてしまっている」とため息をついた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月18日のニュース