【西東京】明大中野八王子 1年生右腕・江口が16強導く、8回途中2失点好投

[ 2018年7月18日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念西東京大会4回戦   明大中野八王子5―3昭和第一学園 ( 2018年7月17日    ダイワ八王子 )

<明大中野八王子・昭和第一学園>力投する明大中野八王子先発・江口(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 西東京・明大中野八王子の1年生右腕・江口が16強進出に導いた。軟式の東海大菅生中でエースとして活躍し、今大会は初先発。「緊張したが1回を抑えて吹っ切れた」と、7回1/3を2失点に抑えた。

 8安打を許したが長打は1本だけで「打たれても気にしない」と肝も据わっている。椙原貴文監督は「まさかここまでとは。大誤算でした」と冗談交じりに称賛した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月18日のニュース