楽天・松井、完全復活2回無安打「変化球が入れば自分の投球できる」

[ 2018年7月18日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天6―1ロッテ ( 2018年7月17日    ZOZOマリン )

6回から登板した松井(撮影・篠原 岳夫)
Photo By スポニチ

 楽天・松井が1点を勝ち越した6回から登板。7回には宝刀スライダーで藤岡裕を空振り三振に仕留め、「変化球が入れば自分の投球ができる」と手応えを口にした。

 昨年6月24日の日本ハム戦以来の回またぎ登板だったが、2イニングを無安打2奪三振。開幕から守護神として5敗を喫するなどの不振で、2軍落ちも経験したが「ホームに向かうとき体がずれていた」とフォームを修正。後半戦連勝スタートに貢献し、完全復活を印象づけた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月18日のニュース