前沢友作という男 95年に通販ビジネス開始 17年に時価総額1兆円突破

[ 2018年7月18日 05:30 ]

 衣料品通販サイト「ZOZOタウン」を運営するスタートトゥデイの前沢友作社長(42)は17日、自身のツイッターを通じ、プロ野球の球団運営に意欲を示した。

 前沢氏は1995年にバンド活動と並行して輸入レコード・CDの通販ビジネスを開始。98年に有限会社スタート・トゥデイを設立した。00年に同社を株式会社化すると、07年に東証マザーズ上場。17年には同社初の時価総額1兆円を突破。フォーブス誌によると、前沢氏は総資産約3330億円、日本長者番付14位(2017年3月時点)。数多くの高級車を所有するほか、17年にはジャンミシェル・バスキアの絵画を1億1050万ドル(約124億円)で落札している。

 私生活では、2015年12月から17年8月までタレントの紗栄子(31)と交際。16年にはプライベートジェットで、ケネディ宇宙センターやディズニー・ワールド・リゾートを巡る“豪華アメリカツアー”が話題になった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月18日のニュース