【岡山】倉敷商 引地が劇打&13K完投、先輩星野さん思わせる気迫

[ 2018年7月18日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念岡山大会2回戦   倉敷2―1岡山南 ( 2018年7月17日    倉敷マスカット )

<倉敷商・岡山南>投打で活躍した倉敷商のエース引地
Photo By 共同

 岡山・倉敷商の引地が1―1の9回に中越えのサヨナラ打。エースは投げても岡山南打線から13三振を奪った。

 9回はストライクを取るたびに雄叫びを上げ、今年1月に亡くなったOBの星野仙一氏をほうふつさせる気迫の投球。チームには倉敷市真備町地区で豪雨被害を受けた選手もおり、引地は「甲子園に行って、(倉敷に)元気を与えられたらと思う」と誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月18日のニュース