【新潟】日本文理4回戦で敗れる…県内公式戦32連勝でストップ

[ 2018年7月18日 19:46 ]

第100回全国高校野球選手権記念南神奈川大会3回戦新潟大会4回戦   日本文理3-5新潟 ( 2018年7月18日    鳥屋野運動公園 )

4回戦で敗れた日本文理ナイン。右から2番目がエースの鈴木
Photo By スポニチ

 昨夏優勝校の日本文理が新潟に3―5で敗戦。16年秋から続いていた県内公式戦の連勝記録は32でストップした。

 プロ注目の150キロ右腕・鈴木裕太(3年)は初回に3失点など6回途中4失点で降板。打線は2回に2本のソロ本塁打を放つなど追い上げたが、追いつけなかった。

 昨秋から指揮を執る鈴木崇監督は「初回の点の取られ方が悪く、追いつけない展開が続いた。相手の術中にはまってしまった」と悔やんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月18日のニュース