【南北海道】北海道栄 14年ぶり4強 才木、この日も完投「気力で乗り切りました」

[ 2018年7月18日 17:24 ]

第100回全国高校野球選手権記念南北海道大会準々決勝   北海道栄7―3札幌光星 ( 2018年7月18日    札幌円山 )

<北海道栄・函館大有斗>9回1失点完投勝利の才木(撮影・高橋茂夫) 
Photo By スポニチ

 北海道栄が札幌光星を退け、14年ぶりの南北海道大会4強入りを決めた。

 今夏、室蘭支部予選から1人で投げ抜いてきた最速145キロ右腕・才木海翔(3年)がこの日も8安打3失点完投。試合終了に小笠原悠介主将(3年)と力強くグラブを合わせたエースは「疲れはあったが最後は気力で乗り切りました」と充実感をにじませた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月18日のニュース