【西東京】早実 野村主将連発も及ばず、好機に凡退悔やむ「あそこで…」

[ 2018年7月18日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念西東京大会4回戦   早実6―7八王子学園八王子 ( 2018年7月17日    ダイワ八王子 )

<八王子学園八王子・早実>八王子学園八王子に敗れ、涙をぬぐう早実・野村(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 第3シードで臨んだ西東京・早実の夏が終わった。1年生から中軸を務め、昨年の清宮から主将を受け継いだ野村が2本塁打。5点を追う7回2死一塁、スタンドから「キャプテン頼むぞ」と声援を受けてバットを振り抜くと、打球は左翼場外へ消えた。「打たなきゃ男じゃないと思った」。9回にも左へ2打席連続の2ランを放った。

 だが、1点及ばなかった。和泉実監督から「絶対逆転しろよ」と送り出された1―2の5回、無死一、三塁で空振り三振。単打2本と本塁打2本の間に挟まれたこの試合唯一の凡退を、「あそこで自分が打っていれば同点だった」と涙を流しながら悔やんだ。

 高校通算は68本塁打。進路は語らず「まだまだ上の野球がある。そこで日本一を目指したい」と言った。

 ▼日本ハム・清宮(OB、17年度卒)途中まで(中継を)見ていたんですけれど…。9回にも2ラン。(野村は)やれることをやったと思う。野球はこれで終わりじゃないと思うので、次の舞台で悔しさをぶつけてほしい。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月18日のニュース