福浦 9回2死から代打で快音、2000安打あと16「勝てるよう頑張る」

[ 2018年7月18日 23:44 ]

パ・リーグ   ロッテ2―6楽天 ( 2018年7月18日    ZOZOマリン )

<ロ・楽>9回2死、代打の福浦が左前打を放ち2000安打まで残り16本(撮影・篠原 岳夫)
Photo By スポニチ

 ロッテの福浦和也内野手(42)が18日の楽天戦(ZOZOマリン)の9回2死、代打で登場するとハーマンの145キロを左翼線に通算1984本目となる安打を放った。

 「あっちの方向は久しぶりだったよね」

 センターから左方向への安打は4月26日の楽天戦(楽天生命パーク)以来だった。

 自身は通算2000安打へマジック16としたが、チームは楽天に同一カード3連敗。4連敗で借金生活へと陥落。「チームがこういう雰囲気だし、勝てるように頑張るよ」と試合後は笑顔もなく、頭を切り替えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月18日のニュース