ハム、中田復帰も連勝ストップ 栗山監督「こういう試合は監督が悪い」

[ 2018年7月18日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム0―11オリックス ( 2018年7月17日    京セラD )

初回1死、空振りの三振に倒れる中田(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 日本ハムは打線がディクソンに3安打に抑えられ零敗。連勝が4で止まった。

 左肘打撲で16日は欠場した中田が「4番・一塁」で先発復帰も初回1死二、三塁で空振り三振に倒れるなど3打数無安打、1四球。「(ディクソンは)しっかり低めに投げていた」と脱帽した。前半戦で7勝のマルティネスも3回途中7失点。大敗を喫した栗山監督は「こういう試合になるのは監督が悪い」と責任をかぶった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月18日のニュース