巨人ヤングマン、初登板から3戦3勝 ガリクソン以来2人目

[ 2018年7月18日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人4―2阪神 ( 2018年7月17日    甲子園 )

4回2死満塁、ヤングマンは左前2点適時打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 ヤングマン(巨)が初登板から3戦3勝。新外国人投手の3戦3勝は13年カブレラ(中)以来で、巨人では88年ガリクソンが4戦4勝して以来30年ぶり2人目になる。

 なお、来日初登板から4戦4勝以上の新外国人投手はガリクソンの他に53年カイリー(毎日)6戦6勝、95年ブロス(ヤ)4戦4勝、11年バリントン(広)4戦4勝といるがヤングマンはどうか。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月18日のニュース