巨人・亀井、サヨナラ危機救った 打っても先制2点二塁打

[ 2018年7月18日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人4―2阪神 ( 2018年7月17日    甲子園 )

9回2死満塁、亀井は梅野の打球を好捕(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 巨人・亀井の美技がチームを救った。2点リードの9回。2死満塁のピンチで、左翼フェンス際の梅野の飛球をジャンプしてキャッチ。「緊張した。全然(ジャンプが)跳べてなかった」と苦笑いを浮かべたが、サヨナラ負けを阻止する値千金のプレーだった。

 打っても4回1死一、二塁から先制の右中間2点二塁打。前日は9号2ランと、攻守ともにチームへの貢献度が光る。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月18日のニュース