【南神奈川】横浜 逗子開成に快勝 万波復調気配の2二塁打

[ 2018年7月18日 14:41 ]

第100回全国高校野球選手権記念南神奈川大会3回戦   横浜8―2逗子開成 ( 2018年7月18日    相模原 )

<逗子開成・横浜>2安打を放った横浜の万波
Photo By スポニチ

 横浜が11安打の猛攻で逗子開成を下した。

 万波中正外野手(3年)が6番・中堅で先発。2回に右越え二塁打を放つと、3回には左前へ落ちる適時二塁打で今夏初打点を挙げた。大会直前まで銚子が上がらず、背番号13で最後の夏を迎えたが2戦連続マルチと復調の兆しを見せている。9回には4番手で登板し、1回無失点。それまでもポジションも中堅から一塁に交代するなどフル稼働だった。

 平田徹監督は「万波は良いマインドでプレーしている。良いところが出始めていますね」と話していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月18日のニュース