松井氏、真央さんと“福耳トーク”「共通点あってよかった」

[ 2018年7月18日 05:30 ]

住友生命の新サービス「Vitality」のメディア発表イベントで笑顔を見せる(左から)住友生命・橋本雅博社長、浅田舞さん、浅田真央さん、松井秀喜さん、畠山愛理さん、福西崇史さん
Photo By スポニチ

 巨人、ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏(44)が、フィギュアスケートの10年バンクーバー五輪女子銀メダリストで昨春に引退した浅田真央さん(27)と「福耳トーク」で沸かせた。千葉県浦安市内で行われた住友生命の新サービス「Vitality」のメディア発表会で初対面。真央さんが「“松井さんみたいに耳たぶがデカイね”とよく言われるので、ぜひお伝えしたかった」と笑いかけ、松井氏も「光栄です。共通点があってよかった」と照れた。

 同社は親子でのスポーツ体験イベントを実施。松井氏は、5歳の長男とともにする運動について「どちらかというとサッカーボールを蹴っている。何とかキャッチボールを始めたい」と苦笑した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月18日のニュース