【広島】広陵 初回13点猛攻圧勝、好投の森悠 奮闘誓う「日本一に」

[ 2018年7月18日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念広島大会1回戦   広陵21―0千代田 ( 2018年7月17日    三次きんさい )

<広陵・千代田>広島大会初戦に先発し、好投した広陵・森悠
Photo By 共同

 昨夏全国準優勝校の広島・広陵は初回に13点を挙げるなど、21―0の5回コールドで千代田を破った。

 今回の豪雨による影響は少なかったが、中井哲之監督は「人ごとにしないように。世の中の後押しがあってこそ野球ができる」と選手寮に被害を伝える新聞記事を張った。先発で好投した森悠は「日本一になって少しでも笑顔になってもらえたら」と奮闘を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月18日のニュース