【東東京】都大島 打撃戦制した島っ子の結束力、部員11人で進撃

[ 2018年7月18日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念東東京大会3回戦   都大島8―7駿台学園 ( 2018年7月17日    神宮第2 )

<駿台学園・都大島>試合終了後、勝利のハイタッチをする都大島ナイン
Photo By スポニチ

 東東京・都大島は7―7で迎えた7回、2番の山住が2死二塁から中越えへ決勝二塁打を放ち、駿台学園との打撃戦を制した。

 部員は11人と少ないが、島っ子の結束力と根性が武器。天野一道監督は「兄弟同様に過ごしてきたので、チームの中での自分の役割を皆分かっている」と話す。山住は「全員で1つのアウトを取りにいく気持ち」とさらなる進撃をにらんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月18日のニュース