西武 15安打12点快勝!浅村3安打5打点 ソフトB武田は自己最短KO

[ 2018年7月18日 21:30 ]

パ・リーグ   西武12-5ソフトバンク ( 2018年7月18日    北九州 )

<ソ・西>8回1死一、二塁、左越え本塁打を放った浅村(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 西武が浅村の3安打5打点など、15安打、12得点を挙げ快勝した。

 初回に山川の適時打、外崎の2点三塁打で3点を先行し、2回も山川の2点打などで4点を加えた。6回に秋山の14号ソロ、8回に浅村の19号3ラン、9回に中村が7号ソロを放った。

 ウルフは5回2失点で、5月31日広島戦以来の3勝目。

 ソフトバンクは武田が誤算。自己最短となる2回、8安打7失点でKOされた。打線は6安打中4本が本塁打と一発攻勢をかけ5点を返したが、失点が多すぎた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月18日のニュース