萩野 200個メ準決進出 打倒フェルプス&ロクテに意欲

[ 2016年8月11日 02:37 ]

男子200メートル個人メドレー予選に登場、準決勝進出を決めた萩野(AP)

リオデジャネイロ五輪競泳・男子200メートル個人メドレー

(8月10日 五輪水泳競技場)
 男子200メートル個人メドレー予選が行われ、400メートル個人メドレー金メダルの萩野公介(22=東洋大)と藤森大将(25=ミキハウス)が出場し、ともに準決勝進出を決めた。

 萩野は1分58秒79で全体6位。レース後は「予想通りのタイムなのでこんなものかなと」と冷静に振り返った。ここまで2つのメダルを獲得しているが、3個目のメダル獲得へ「フェルプス、ロクテ選手に勝つために頑張りたい」とライバルとなる2選手の名を挙げて準決勝以降への意気込みを語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年8月11日のニュース