チームメートが内村絶賛「航平化け物」「やっぱりキングはキング」

[ 2016年8月11日 21:28 ]

メダリスト会見を行った内村航平

 体操の五輪男子日本代表が11日、リオデジャネイロ市西部のジャパンハウスでメダリスト会見を行い、団体総合に続き個人総合で金メダルを獲得した内村航平(27=コナミスポーツ)を仲間たちが手放しで称えた。

 山室光史(27=コナミスポーツ)は「団体決勝で(加藤)凌平がすごくいい試合内容をして、航平が『化け物だな』と言っていた」ことを引き合いに出しながら、「昨日の(個人総合の)試合を見た結果、一番は航平が化け物だなということに収まりました」と驚嘆。田中佑典(26=コナミスポーツ)も「予選から18演技やって体を酷使しながらあれほどの演技。やっぱりキングはキングだった」と絶賛した。

 一方内村も、言葉では表せないほどの喜びを加藤にぶつけていたという。団体決勝終了後、あふれる思いを伝えようとして発した言葉は「おまえさすがだな、尻思いっきり蹴っていいか」だったと加藤が暴露すると、内村は照れくさそうな笑みを浮かべていた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年8月11日のニュース