バド「タカマツ」ペアが白星発進!女子ダブルス1次リーグ

[ 2016年8月11日 20:39 ]

女子ダブルス初戦を飾った松友美佐紀(左)と高橋礼華組(AP)

リオデジャネイロ五輪 女子ダブルス1次リーグ

(8月11日 リオ中央体育館)
 バドミントンの女子ダブルス1次リーグ初戦が行われ、同種目で世界ランキング1位の高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)はA組で世界21位のジュワラ・グッタ、アシュウィニ・ポンナッパ組(インド)と対戦。2―0で白星スタートとなった。

 第1ゲーム序盤は初戦の緊張なのか動きに堅さが見られ、格下相手にポイントを失う場面があったが、途中からはペースをつかみ21―15と先取した。

 第2ゲームは危なげなく進めて21―10で連取し初戦を飾った。

 試合はラリーポイントによる21点3ゲーム制で2ゲーム先取で勝利。ダブルスは16ペアが出場。4ペアずつ4組に分かれて1次リーグを行い、各組2位までが準々決勝に進む。

 混合ダブルスはD組の数野健太、栗原文音組(日本ユニシス)がアレンズ、ピーク組(オランダ)に2―0で勝った。男子ダブルスはD組の早川賢一、遠藤大由組(日本ユニシス)が柴飆、洪イ組(中国)を2―1で下した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年8月11日のニュース