丹羽、王者に脱帽 “チキータ”さく裂も…「チャンスなかった」

[ 2016年8月11日 05:30 ]

準々決勝で敗れた丹羽孝希

リオデジャネイロ五輪卓球・男子シングルス準々決勝 丹羽孝希1―4張継科

(8月9日 リオ中央体育館)
男子シングルス・丹羽の大物食いはならなかった。準々決勝で前回王者・張継科(ちょうけいか)(中国)から1ゲーム先取。得意の攻撃的レシーブ「チキータ」がさく裂したが、第2ゲームからは多彩な回転のサーブを出されて封じられた。

 「挽回するチャンスがなかった」と脱帽。それでも格上に連勝して8強入りし、男子代表の倉嶋監督は「期待は凄く高い」と12日から始まる団体戦に目を向けた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年8月11日のニュース